さんじゅうろうの覚え書き

不治の中二病を患っている中年男『さんじゅうろう』の他愛のない覚え書きです。10年後には立派な黒歴史になっているかもれしない。

覚え書き日報『6月28日 水曜日』

 

 今日は小ネタ祭り?(21:04)

ぶっちゃけ『ネタの自転車操業』なので今日のメイン記事のネタが無い。

せめて自転車操業の『自転車』が電動アシストだったら…なぁ。

という事で、今日はメインに上げれないくらいの小ネタ祭りです。

おおよそTwitterなので呟いている事のまとめだったりします。

(Twitterのフォロワー随時募集中です@宣伝)


 寝てないわ~1時間しか寝てないわ~(21:08)

昨晩、ちょっとしたことがあって1時間しか寝てない。これが仕事で1時間しか…とかね、そんなのだったらウザいなりにカッコイイんですけど、これが違う。

原因は『蚊』。

寝ようと思って寝るのにはそれなりの体力がいる。「疲れて寝るのは体力関係ないんじゃない?」と思う方もいらっしゃると思うが、疲れ切って寝るのは「眠る」ではない…あれは「意識が飛ぶ」のだ。だから普通に寝ようと床に就いた時はそれなりの体力が必要。

 

そして、やっと寝付いた辺りで、思いっきり身体の数カ所を蚊に刺される。

その痒さと耳元に残る高周波の『ぷ~ん』と言う羽音で目を醒ます。

これはかなり不快、そこから深夜に1時間ほど「蚊VS私」の戦いが繰り広げられた。仕留めたと思っても、掌を拡げるとそこにはヤツの姿は無く、ひらりと交わされるという繰り返し、すっかり目が覚めてしまい、そのまま夜明けを迎える。

その為に昼間は本当に辛かった。それこそ本当に「意識が飛ぶのでは…」と言う局面が何度もあり、それがイライラに繋がって、私の蚊に対する憎悪はドンドン膨らんでいった。

帰宅後、流石に眠くて、そのまま1時間ほど爆睡。

爆睡の割に1時間しか寝れなかったのは、再び「ヤツ」が現れたからである。

姿を現したり消したり…そんな事を繰り返す「ヤツ」それに翻弄される私。

1時間ほど戦って、諦めがちに無意識に放った一発がとうとう「ヤツ」を捉えた。

ここに昨晩からの因縁が終わりを迎え、私に安眠が戻ってきたと…思うのだが。

この夏、「第二、第三の刺客」が現れないとは限らない。

早々の対策が必要だなと感じた「日本の夏、金鳥の夏」である。


 しまった!『祭り』とか書いて実質1つは寂しいな(22:53)

と言う、タイトル通りにちょっとネタがどうでも良い『蚊との死闘』だけでは寂しいので、最近ちょっと思ったことを書こうかな。

こち亀の最終回以来の少年ジャンプの購入。

あの『HUNTER✕HUNTER』の連載が再開されたからだ。この先恐らく単行本1冊分ぐらいの連載があって、また富樫先生は長い眠り’(約一年)に着くのだろうと思う。

しかし今週のジャンプ……というか『HUNTER✕HUNTER』を読んで笑ってしまった。

話の繋がりが『1週間くらい休載しました』って感じで、何の違和感も無くつながっているのである。もう、実は50本くらい書き溜めがあって、それを小出しにしているのでは?と思えるくらいの繋がりっぷりである。

 

私は昨年、とうとう『HUNTER✕HUNTER』にハマってしまい、単行本を揃え始めたのだが、33巻までしか出ていなかったので昨年連載された分はほぼ見れていない。『ヒソカVSクロロ』とか世間が騒いでいてもどうにもピンとこなかった。それがやっと34巻が発売されて繋がった。これで今回の連載分を読めば、やっと追いついた事になる。

この作品は途中から乗っかろうとするとどうしてもタイミングを選ばないと行けない。

なんか難しい作品である。

しかし、ジャンプ編集部もジャンブ編集部である。世間も業界も出版不況を唱えているが、この1年の一度のチャンスに『新連載攻勢』をかけたりはしないのだろうか?

間違いなく、普段ジャンプを買わない層が『HUNTER✕HUNTER』の再開で手にとる機会が増える。あくまでも10週間限定かもしれないのに、そこで新連載攻勢をかけたり、それこそ昔やっていた連載陣の読み切り企画などかけて、『HUNTER』以外に興味を向けると言う事はしないのかなぁ?とか思ったりする。

正直、連載物の漫画を途中から読んでもトンチンカンで良くわからないから結局読み飛ばしてしまうので、このまま継続して読もうとかそんな気持ちにはならない。

せめて新連載でもあればついでに…という気持ちにでもなるのだが……。

その昔、少年チャンピオンの部数を跳ね上げさせた故・壁村耐三氏がとった行動は『殆どの作品を基本的に1話完結の読み切りにすること』(一部を除く)だった。

それによってどの号から読んでもなんとなく区切りがついていて、その中から面白い物を見つけやすかったのだ。

そういったチョットした工夫が新しい……もしくは戻ってきた顧客を引き留める1手になると思うのだが……。

そんな事を少し考えなら、私はこの先10週はジャンプを買おうと思っている。

 

広告を非表示にする